galleryPictures
galleryPictures
galleryPictures

日本民踊舞踊連盟

沿革

世界に誇り得る秀れた日本の民踊舞踊を研究し、広く健康で情操豊かな人々の育成を念じ、昭和46年春、有志の発想で連盟を創立しました。

この趣旨に多くの舞踊愛好者が賛同され、全国はもとよりアメリカにも会員を拡大することができ、役員や会員の協力により、今日の発展を迎えるに至りました。

連盟の目的

伝統民踊の継承と新しい時代にふさわしい新舞踊の創造と普及を図り、日本文化の向上に寄与することが連盟の目的です。

連盟の運営

連盟はその目的を達成するため、参与・会長・副会長・理事長・副理事長・部長・副部長・会計監査・理事・評議員・賛助会員を選出して運営にあたっています。

役員総会は年一回開催するほか、臨時理事会を開催して、会務の処理を行っています。

連盟の研究及び普及活動

連盟は目的を達成するため、次の事業活動を行っています。

<研究・普及活動>

  • 民踊、新舞踊講習会(東京をはじめ、全国において毎月或いは随時開催しています。)
  • 全国中央指導者研究会(秋季において研修会を行っています。)
  • 師範会(師範及び準師範を対象に、資質の向上を図るため、年一回特別研修会を行っています。)

尚、連盟では会員相互の技術の修得と資質向上を図るため、顧問講師を委嘱しています。

<発表会>

  • 全国大会(毎年5月、東京で開催しています。)
  • 地区大会(北海道・東北・青森・秋田・岩手・名古屋(中部)・三重・関西・四国・九州各大会の他、新潟・長野等で開催しています。)

<国際交流>

民踊・新舞踊の交流大会や講習会をアメリカ・中国・オーストラリアで開催し、これらの普及を図るとともに、国際親善と文化の交流に努めています。

<指導者資格認定>

連盟は常に指導者の育成に努めており、公認指導員・公認講師・公認準師範・公認師範制度を設けています。

その選考は、毎年1月~3月に試験を実施しています。公認指導員・公認講師の選考は課題曲(実技)のみとしています。公認準師範及び公認師範の選考は課題曲(実技)のほか面接試験も行っています。また公認師範の選考には課題曲(実技)のほか創作曲を加えることとしています。

合格認定の証書授与は、東京で開催の全国大会式典で挙行しています。